資格取得の勉強方法

ホームヘルパーになるためにはホームヘルパーの資格を取得しなければいけないのは言うまでもありませんが、半端な気持ちで勉強していたらホームヘルパーの資格を取得することはできません。

今回の記事ではホームヘルパーの資格を取得するための具体的な勉強方法について解説していきます。

ホームヘルパーというのは講習を受けて、最後に課される試験にパスしなければいけません。

しかし試験と言っても他の資格試験と比べて難易度は簡単な方なので、しっかりと勉強すれば点数をとれますが、

不合格者がいるのも事実です。
ではなぜ不合格者がいるのかというと、本を読んで勉強した気になっているからです。

ホームヘルパーの教材は結構分厚いので楽をするために勉強したいという気持ちは分かりますが、

ある程度の脳みそを使わないと点数を取ることはできません。

ホームヘルパーには倫理、個人情報、接待、マナーといういろんな分野がありますが、どの分野も頭を使ってしっかりと理解する必要があります。

では頭を使うというのはどういうことかといいますと、インプットとアウトプットを使うのが頭を使うといえます。

まずインプット(教材を読んで理解して)次にアウトプット(何も見ずに教材の内容を自分の言葉でしゃべる)を交互に繰り返すことで理解が定着していきます。

読んで理解するというのはインプットだけの勉強法なので、学んだことを何も見ずに説明するアウトプットが抜けているのです。

インプットしてもアウトプットをしないかぎり力はつきません。

学んだことを自分の頭で表現する勉強法を行うことがホームヘルパーの資格試験に合格するカギとなるのです。